京つう

  キレイ/健康  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

鉄分補給のための食生活

食品に含まれる鉄は、体内に吸収されやすいヘム鉄と吸収されにくい非ヘム鉄に分けられます。

ヘム鉄は肉や魚といった動物性食品にだけ含まれ、非ヘム鉄は野菜や穀類、卵などに多く含まれていて、約九割が非ヘム鉄が含まれた食品といえます。

鉄は体内に入り腸管から吸収されますが、ビタミンCはそのままでは吸収されにくい非ヘム鉄を吸収されやすいヘム鉄に変える働きを持っています。

大豆製品やひじきなどの非ヘム鉄を多く含む食材と、ブロッコリーや小松菜などのビタミンCを含む食材を一緒に調理したり、食後に新鮮な果物を摂ることで効率よく鉄を吸収することが可能です。

また、牛乳のたんぱく質が消化される際にできるCPP(カゼインホペプチド)という物質には、鉄やカルシウムの吸収を助ける働きがありますので、毎日の食生活に牛乳を取り入れることは鉄分の補給に効果があります。

逆に、コーヒーや紅茶、日本茶などに含まれるタンニンなどは鉄の吸収には大きなマイナスになります。

タンニンは鉄と結合して水に溶けにくい鉄を作るため、ヘム鉄でも吸収率は低下してします。

ハンバーガーとコーヒーの組合わせでは鉄の吸収率は35%抑制され、紅茶と一緒の場合ではなんと62%も抑制されるという調査結果もあります。

このように鉄は一緒に摂取する食べ物の成分により、吸収率が変わってきますので、鉄の多い食品に集中するのではなく、食材を上手に組み合わせてバランス良く食べることが大切です。  


Posted by けい at 13:33Comments(0)鉄分の補給

再生不良性貧血と一般的な貧血の違い

私たち人間にとって大切な血液は、「赤血球」「白血球」「血小板」の3種類の細胞が混じり合ってつくられています。

この3種類の細胞は、堅い骨の真ん中にあるスポンジ状の部分の骨髄で作られ、成熟した血液細胞が体中に流れていきます。

これらの血液細胞の生成が低下してしまう病気が「再生不良性貧血」と呼ばれていてて、一般的に貧血と呼ばれている病気とは全く別のものです

通常の貧血の症状は、めまい、立ちくらみや動機、息切れなどがあり、時には頭痛を覚え、顔色が青白くなることもあります。

再生不良性貧血の場合はこうした症状も発生することがありますが、注意しなければならないのは白血球が減少することで、細菌への抵抗力が低下して他の病気を誘発しやすくなることです。

また、血小板が少なくなると、一度出血すると止まりにくくなり、鼻血や歯茎からの出血、消化器官からの出欠、あるいは皮下出血などが起こることがあります。

こうした症状は徐々に進んでいくため、自分ですぐに気づくことはなかなか難しいですが、発熱しやすい、皮膚や粘膜の点状出血、鼻出血、歯肉出血などの症状がありましら早めに専門医の診察を受けたほうが良いでしょう。  


Posted by けい at 10:38Comments(0)再生不良性貧血